スーパーマーケット

スーパーマーケットでの導入事例

流通業界では、競争の激化や収益性の低下などに向き合いながら経営の効率化を図っており、より売り上げを上げるために顧客満足の向上や最新機器の導入、仕入先の選別などを進めています。

中でも、世界的な大手スーパーマーケットチェーンなどは各店舗における現金管理の合理化の重要性をしっかりと認識しています。

手計算による現金カウントは、時間がかかるだけではなく間違いや不備があった場合に、違算の調査に多くの人手と経費を要することになり、余計に時間とお金を費やしてしまうことになります。

現金管理の合理化は、時間の節約のみならず人件費などのコスト削減にもつながり、直接的な収益改善の効果も期待できます。

世界の大手スーパーマーケットチェーンでは、いち早くインテリジェント・キャッシュドロワーや現金カウンターなどのソリューションを導入し、現金管理の合理化を図り、違算や損失の低減、店舗の運営コストおよび人件費削減に努めています。

テラーメイトの技術は、Walmart、Aldi、Schnucks、Lidlといった企業に導入され、迅速かつ正確な現金管理に貢献しています。

導入事例では、世界的なスーパーマーケットチェーンがいかにテラーメイトにより現金管理の合理化を図っているかについて紹介しています。


Back to top