ファーストフード

ファーストフード業界での導入事例

ファーストフード業界を取り巻く環境は、人件費の高騰や売上の低迷、スタッフの定着率など、厳しさを増しています。

常に利益向上につながる革新的な技術の導入を図り、特にセルフサービスレジの採用はその中でも運営合理化の最重要課題です。

セルフサービスレジに加え手作業に頼る現金管理の合理化も運営の最適化には必要です。顧客の回転もはやく現金の取扱いが多い上、シフト交代も頻繁に行われるため、レジの現金補充と回収もほぼ1時間ごとに必要な環境です。現金管理業務をいかに効率よく行うかによって、店舗の経営効率も大きく違ってきます。

世界的なファーストフードチェーンのBurger King、Greggsなどは、テラーメイトを採用しています。

テラーメイトは、現金カウントを簡素化し違算や計数間違いの低減や店舗における現金管理の可視性を高めるお手伝いをしています。

導入事例では、世界的なファーストフードチェーンがテラーメイトをどのように活用しているかを紹介しています。

 

 

東天閣導入事例

東天閣は川崎のコリアタウンを中心に、神奈川県で5店舗を展開する焼肉チェーンレストランです。安心・安全・健康を考えた産地と食材の選定をおこなっており、おいしい食事を安心して楽しめる焼肉レストランです。

“「硬貨だけ、紙幣だけを数える機械はあっても、硬貨も紙幣も、商品券類も数えられる機械はあまりない。某コンビニさんで見かけたときから買うことに迷いはなかったです」 “

田健作常務取締役


Back to top