コンビニエンスストア

コンビニエンスストアチェーンでの導入事例

コンビニエンスストアの現場では、お客様の応対や商品補充、レジ回りの業務に在庫の注文とさまざまな業務に追われますが、それらを上手く回していくにはスタッフの働きが大切です。

アルバイト代も高騰し優秀な人材確保も難しくなる中、店内業務を効率的に行いスタッフがより多くの時間を接客に費やし、売上を上げるかが重要となってきます。

そこで必要となるのがテラーメイトです。現金での支払いが多い環境であり、どうしてもスタッフが現金の処理にかかわる時間が多くなってしまうため、その分お客様への対応が疎かになってしまいます。

また、スタッフがお客様対応に時間を取れないだけではなく、現金の処理に時間が掛かりすぎることは、それだけミスや遺失が起きたりする可能性も高くなります。

閉店後のレジ精算業務はすべて終了するまでスタッフも帰ることができないストレスもあり、店舗現金管理上重要な業務であるため特に厄介です。

コンビニエンスストアは、深夜営業でスタッフの入れ替わりが多く、一人で勤務ということもあり管理の目が届かないこともあるため、しばしば現金違算の問題も起きることがあります。

まさにテラーメイトの現金カウンターは、このような店舗の違算低減や作業の省力化による経費削減のお役に立つはずです。

大手コンビニチェーンの店長であれ、独立店舗のオーナーであれ、テラーメイトの現金カウンターは現金管理を最適化し、違算や損失を低減し店舗内での現金管理の可視化を図るお手伝いをしております。

導入事例では、大手コンビニチェーンにおけるテラーメイトの導入事例を紹介しています。


Back to top