小売店

小売業界での導入事例

小売業界は、運営コストの上昇、競争の激化など、厳しい環境にあります。

現在でも現金の取扱いが多く、違算や現金管理にかかるさまざまなコストの削減は、小売店にとって容易に解決できない課題です。

店舗スタッフが、シフト毎のレジ現金のカウントやつり銭準備、預入金の用意をすべて手作業で行なうと余分な時間を費やすことになります。では、現金管理業務はどうすれば効率的にできるのでしょうか?

FTSE350企業の多くが長きにわたりテラーメイトを利用し、中でもSuperdrug、ArgosやSchuhといった小売チェーンは現金管理の効率化を推進した結果、運営コストを削減し収益性の改善が図られています。

加えて、品質保証や万全のカスタマーサービス体制により、店舗スタッフが安心して現金カウンターを使用し時間を有効に活用することで、お客様の対応により多くの時間を費やすことをお手伝いしています。

運営コストの削減や違算の低減といった現金管理の合理化をお考えの小売店の皆様は、是非ともテラーメイトにお声かけください。

カキモリ導入事例

東京都蔵前を中心に店舗を展開する文具店カキモリは、スケジュール帳やノートを一冊からオーダーメイドができるお店で、土日になると行列ができるほどの人気を誇ります。

“「費用面だけでなく、気持ちの面で閉店作業が楽になったことが導入効果としては大きいと思っています」 “

広瀬琢磨代表取締役社⾧

Francfranc導入事例

全国でインテリア・雑貨ショップを展開するFrancfranc(フランフラン)。デザイン性の高い商品群と、スタイリッシュで洗練された店舗は私たちの目をひきます。

“「1カ月あたり平均約30時間かかっていたレジ点検作業が、T-ix導入後は約15時間になりました。浮いた時間を接客に充てることができています」 “

熊谷健太執行役員

r・p・s導入事例

中部地方を中心に店舗を展開するレディースカジュアルブランド、r・p・s(アール・ピー・エス)。「おしゃれなだけじゃなくて、お手頃じゃなきゃダメ!」という女性の希望にぴったり合ったファッションチェーンです。

“はじめてT-ix現金カウンターを見たときは、本当にびっくりしました。レジ点検・ 精算業務がこんなに簡単に、短時間でできるのかと。これはすごいと思いましたね” “

オー・アール・エフ 古田代表取締役


Back to top