資料

テラーメイト、スマートセーフ「LiveSafe」を発表

14 Sep 2020 News ニュース

 重量計測式現金カウンターを製造・販売するイギリスのTellermate Ltd(日本法人:テラーメイト・ジャパン株式会社、東京都千代田区、代表 川崎安史)は、9月15日、新製品「LiveSafe」を発表しました。

LiveSafe

テラーメイトのスマートセーフ「LiveSafe」は、 店舗のスマート化を助けます。 レジ周辺に設置し、 お客様から受け取った高額紙幣を、 LiveSafeに投入することで販売時の現金盗難リスクを抑制し、 現金を安全に保管することを可能にします。 紙幣は、 紙幣鑑別機能により即座に分析され、偽造紙幣を見分けます。また、 テラーメイトの現金カウンターTouchを使用することで、 LiveSafe内の現金データにアクセスすることができます。紙幣の枚数・金額は自動で計数されるため、投入した紙幣の計数は不要。現金取扱に関わる作業時間を削減します。ドロアとLiveSafe内の情報を確認しながら、 現金集配を最適化することが可能です。

 

✦製品の主な特徴✦

 

  • 高度な偽造紙幣検知能力 480万のデータポイントを即時に分析します。市場において最も優れた偽造紙幣検知能力が店舗のスムーズな運営を助けます。
  • 不正開封検知容器で安心 紙幣1000枚まで収納可能。強固なセキュリティ機能により、身近な盗難を抑制します。
  • 遠隔からバージョンアップ 新通貨対応のためのバージョンアップは遠隔からシームレスに実行されます。
  • 現金カウンターと接続可能 現金カウンターTouchを使用して、LiveSafe内の現金データにアクセスし、確認することができます。ドロアと金庫の情報を確認しながら、シームレスに現金周りの効率化をはかることが可能です。
  • アクセス許可設定 LiveSafeの電子セキュリティキーは多層構造になっているため、アクセス許可の設定が可能です。各ユーザーにキーを割り当てることで、現金処理における責任の所在と、監査証跡を明確にします。
  • よりエコに 再使用可能な容器を使用しているため、プラスチック廃棄物を減らします。紙幣1000枚を1容器で収納可能なため、現金回収の頻度を減らします。
  • 複数のPOSも1台で LiveSafeは複数のPOS間で共有可能なスマートセーフとして開発されました。導入時の費用やスペース確保の負担を軽減します。
  • 最小限のメンテナンス LiveSafeの紙幣鑑別装置は、最小限のメンテナンスと最大限の製品寿命を実現するように設計されています。

(商品の詳細は製品資料をご確認ください)

 

テラーメイト・ジャパンの川崎安史代表は「治安の良い日本では、セキュリティリスクが見過ごされがちですが、高額紙幣や余剰紙幣はお客様から受け取り次第、すぐに弊社のLiveSafeにご投入いただくことで、店頭でのセキュリティリスクを低減し、紙幣計数に係るオペレーションコストも削減できます。LiveSafeで、よりスマートかつ安心の店舗運営をサポートしていきたい」と話しています。

Tellermate Ltd.のDave Lunn最高営業責任者は、「選ばれたお客様にLiveSafeの試験導入をお願いしながら、店舗で使いやすいように製品改良を進めてきました。ご導入いただいたお客様からの評判は良く、満を持してご紹介できることを光栄に思います」と話しています。

 

テラーメイトについて

テラーメイトは、40年前に、現金を重さではかり正確かつスピーディーにカウントする革新的な技術を発明しました。現在、テラーメイトの現金管理ソリューションは、グローバルに展開するコンビニエンスストア、ファストフードチェーン、スーパーマーケットチェーンや銀行など、全世界で採用されています。テラーメイトは、英国本社において技術開発、製造および販売を一貫して手がけており、アトランタ、パリ、ハイデルベルグ、バルセロナそして東京の各オフィスを通じて全世界のお客様に製品を届け、店舗における現金管理の可視化や違算金の低減に貢献しています。詳細についてはwww.tellermate.comをご覧ください。
使い方がすぐにわかる製品紹介ビデオはこちらからご覧いただけます。

 

<お問い合わせ先>

テラーメイト・ジャパン株式会社

〒102-0092 東京都千代田区隼町3-19 清水ビル3F

セールス&マーケティングマネジャー

ミンキネン詩穂

電話:03-5357-1888

e-mail: shiho.minkkinen@tellermate.com

関連ニュース
Back to top